必要性を知ろう

フロアコーティングとは床の美しさを保つために床を保護するコーティングをすることをいいます。この最大の特徴は面倒なワックスがけをしなくていいことです。ワックスよりも耐久性、保護能力に優れていて、しかも見た目も美しいので人気があります。床は傷ができやすく、木製のため、年数で劣化しやすい素材です。そのために半年に一度はワックスがけが必要になってきます。フロアコーティングを新築時に行なっておけば、そういった面倒なことは省くことができ、しかも綺麗に維持することができるのです。ペットや子供がいる家庭では汚れも落としやすく、大変便利です。フロアコーティングを行なう業者も沢山ありますので、自分でも知識を習得してから相談すると良い業者に巡り合えます。

フロアコーティングには4種類あります。 ガラスフロアコーティングは硬度が高く耐水性もありUV効果もあります。UVフロアコーティングは耐用年数が長いのが特徴です。傷に強く耐水性もあるので、キッチンやダイニングで使用されることが多いです。ウレタンフロアコーティングは摩擦に強いので傷防止に有効です。そして一番人気があるのがシリコンフロアコーティングです。低価格で撥水効果が高いのが人気の理由です。また、それぞれの種類によって艶には違いがあります。種類の特徴を理解し、それぞれの家庭にあったものを選ぶと良いでしょう。 フロアコーティングをすることによって掃除も楽になり、傷もつきにくくなります。新築のうちに行なっておくことで、資産価値も保つことができます。長い目でみれば、有効で便利なものといえるでしょう。